fc2ブログ

Microsoft Expression Media

その他アプリケーション
06 /15 2007
Microsoft Expression MediaインストールアイコンMicrosoftから「Microsoft Expression Media」なるソフトが提供されているのか、いないのかよく分からないんですが、そんなソフト初耳です。
なので、ちょっと予備調査。
すでにダウンロードできるようです。
【リンク】Microsoft Expression Media 無料試用版 (Mac)
上記サイトにある「Microsoft Expression Media ユーザー ガイド」をダウンロードして読んでたんですが、どうもどこかで見たことあるソフト…。
どんなソフトかの簡単な説明のために、ユーザーガイドの第1章を引用します。

Microsoft Expression Media へようこそ
Microsoft Expression Media を使用すると、さまざまなディスクに置かれている増え続けるイメージ、ムービー、サウンド、フォント、および他のメディア ファイルを、すばやくかつ簡単に表示、整理、および提示することができます。学生、ジャーナリスト、マルチメディア愛好者、または創造力を求めるプロフェッショナルなど立場や職業を問わず、イメージ、ムービー、文書を整理および参照できるのは重要なことです。そうすることができれば、それらのファイルを変更して、ほとんどすべてのマルチメディア形式または文書形式により、プロフェッショナルにふさわしい形で提示できます。


とのこと。
写真はもちろん、音声ファイル、映像ファイル、テキストファイル、それからフォントまで管理可能。マニュアルのアプリのキャプチャ画面(Windows VISTAのものでしたが)、188ページから始まるサポートしてるファイル形式を見て思い出しました。

これって、まんま、iView mediaっぽくね?

と思って、iView mediaのページにアクセスしてみると、
【リンク】Welcome to iView[Microsoft]
Microsoftの社名が……。買収されちゃってたのね! 全然知りませんでした。

それじゃ、これを取り扱ってたact2さんはどう対応してるんだろ、と思ってアクセス。
【リンク】アイビュー メディア プロ 3[iView Media Pro 3]-アクト・ツー-
このページにMicrosoft Expression Mediaへのアップグレードに関する記載がありました。
このページの情報によると、「Microsoft Expression Media」は2007年7月13日に発売されるとのこと。39,690円ですか…。高いと思ってたiView Media Proより高くなってる…。

あ、ちゃんとリーダーもありました。
【リンク】Microsoft Expression Media Reader Free Trial[Microsoft]
Coming Soonだけど…。
iView Media時代にもReaderというのがあって、iViewで作成したカタログファイルを閲覧するためのソフトでした。iView Mediaの時は無料で配布されてたような記憶があります。

iView MediaはDTPやってた頃に、すごく欲しかったソフトでした。EPSファイルやIllustratorファイルをはじめ、フォントまで管理できる優れもの。しかもEPSファイルのプレビューを作り直してきれいなプレビューを表示させることができたり(たぶん…)、フォントもプレビュー表示してくれたりで、オペにとっては至れり尽くせりなソフトだったんです。
今となっては、Adobe Bridgeなんてなかった頃の遠い思い出となってしまいましたが…。

さて、インストールですが、まだやってません。
Microsoft Expression Media
ダウンロード後、ディスクイメージがマウントされ、こんな感じで、あとはダブルクリックでインストール始まるんですが…。

コメント

非公開コメント

ぴよ

マック用アプリケーションの体験記がメインなブログでした。
思いつくままに書いてますので、カテゴリーでたどっていっていただくと、いいかもです。
このブログの更新は、多忙という名の言い訳に負けて、メンテナンスモード中です。