FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CS3スクリーンセーバ

久しぶりにBridge CS3を起動したら、スクリーンセーバが無料でダウンロードの文字。
Adobe Creative Suite CS3 Screen Saver
どんなスクリーンセーバなのか気になったので、ダウンロードしてみました。

ダウンロード開始。
Adobe Creative Suite CS3 Screen Saver
Bridgeでは16MBとあるのに、実際にダウンロードされるのは10.6MBでした。

解凍後、ディスクイメージがマウントされます。
Adobe Creative Suite CS3 Screen Saver
中にはアイコンがぽつんとさびしく一個。

Install CS3 Saverをダブルクリックするとインストーラ起動。
Adobe Creative Suite CS3 Screen Saver
この段階でプレビューできます。一番下の、一番左の「Preview」ボタンを押せばスクリーンセーバのプレビューが始まります。ここでエラーが出る場合もあります。解決方法は本記事のもうちょっと下あたり参照してください。

「Info」ボタンを押すと、スクリーンセーバに関する情報を見ることができます。
Adobe Creative Suite CS3 Screen Saver
インストール場所は「~/ライブラリ/Screen Savers/」ということとかが分かります。

いざインストールと思って「Install」ボタンを押すとエラーメッセージが。
Adobe Creative Suite CS3 Screen Saver
QuickTimeの設定を変えてくれ的なメッセージです。
このスクリーンセーバを使うために、QuickTimeでFlashを使えるようにしておかないといけないようです。

システム環境設定のQuickTimeを開きます。
Adobe Creative Suite CS3 Screen Saver
いくつかあるタブの中から「詳細」を選択すると、その項目は出てきます。
「Flashを使用」にチェックを入れます。

ここにチェックを入れたら、インストールを再開できるようになります。先ほどのアラートメッセージの「Continue」を押せば、インストールが再開されます。

インストール進行状況を示すプログレスバーが出ます。
Adobe Creative Suite CS3 Screen Saver
10秒ぐらいでインストールは完了。

インストールしたスクリーンセーバはシステム環境設定の「デスクトップとスクリーンセーバ」から、選択します。
Adobe Creative Suite CS3 Screen Saver
表示されたプレビューで何となくどんなものか想像つくかとは思いますが、うねうね動きます。

「オプション...」ボタンを押すと詳細設定や、情報を見ることができます。
これは「Info」タブを選択したとき。
Adobe Creative Suite CS3 Screen Saver


「Options」タブを選択したとき。
Adobe Creative Suite CS3 Screen Saver
スクリーンセーバの設定ができます。

実用性は全くありませんが、Adobe大好きな人、もしくはAdobe製品使ってるよとちょっと自慢したい人か、Adobeの中の人とか、Adobe製品使ってないんだけどこのスクリーンセーバ好きだなという人に、特にお勧めできそうです。

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

カテゴリー
アプリの検証したり、違う記事を書いたり、とにかく順番ばらばらなので、こちらのカテゴリーからアクセスするとすっきりまとまってるので、分かりやすい感じです。
FC2カウンター
プロフィール

ぴよ

管理人:ぴよ
マック用アプリケーションの体験記がメインなブログでした。
思いつくままに書いてますので、カテゴリーでたどっていっていただくと、いいかもです。
このブログの更新は、多忙という名の言い訳に負けて、メンテナンスモード中です。

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。