FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレンドツールでグラデーションの変形を@Illustrator CS3

Illustrator CS3 フォルダアイコン前回記事で、グラデーションの変形に関して記事を書きました。

【過去記事】グラデーションの変形@Illustrator CS3

拡大縮小ツールとかシアーツールでしか、グラデーションは変形できないと書いたんですが、別の方法を思いついたので実験してみました。

ブレンドツールを使ったらどうよ?……と、単なる思いつきでしかなかったんだけど、やってみたら結構おもしろい効果もあったのでご紹介します。

まず、円を2つ描きます。1つは白。もう1つは青。それをブレンドツールでステップ数10でブレンドしました。
Illustrator CS3 ブレンドツールと変形
こんな感じで、今回のサンプルを作成。

これに「効果」メニューの「パスの変形」→「ジグザグ...」を実行してみました。
Illustrator CS3 ブレンドツールと変形
ちゃんと2つの円にジグザグが適用され、それを結ぶようにブレンドされてます。外側がちゃんと青。
前回できなかったグラデーションの変形ができました。
思いつきにしては上出来。

これに気をよくして他の変形もやってみました。
「ラフ」をかけてみました。
Illustrator CS3 ブレンドツールと変形
なんかおもしろいのができました。色合いのせいもありますが、氷っぽいというか、結晶というか…。氷結!って感じがします。

さらにきつく「ラフ」をかけてみました。
Illustrator CS3 ブレンドツールと変形


もっときつく…。
Illustrator CS3 ブレンドツールと変形
動きのあるオブジェクトができました。


次に「ランダム・ひねり」をかけてみました。
Illustrator CS3 ブレンドツールと変形


で、これらの変形具合を見てて思ったことが1つ。
ブレンドツールで補完されたオブジェクトっていうのは、色はきちんと維持されてブレンドされてます。
が、形に関してはそれぞれ独立してるんだな、って。

かけた効果が「ラフ」だったり「ランダム・ひねり」だったことも関係しているかもしれません。
ブレンドの始まりと終わりとして指定された2つの円の形を元に、それをなだらかに埋め合わせるというブレンドツールの本来の役割を逸しているなと思いました。
でもそのおかげで、おもしろい形ができたわけなんですけど…。


さて、最後に「ネオン効果」をかけたとき…。
Illustrator CS3 ブレンドツールと変形
上の円はサンプルのものです。下の円は比較のために用意した、普通の青色の円です。
それにネオン効果をかけると、バームクーヘンができました。

オブジェクトはたった2つで、それをブレンドしてるだけなのに、変形のさせ方によって目新しいオブジェクトになるとは…。
とりあえず、実用性はおいといて…ってのはお約束です。
それから、「ブレンドツールでグラデーションの変形を@Illustrator CS3」ってタイトルになってますけど、実験をCS3でやっただけで、他のバージョンでもおそらくできる…というのもお約束です。

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

カテゴリー
アプリの検証したり、違う記事を書いたり、とにかく順番ばらばらなので、こちらのカテゴリーからアクセスするとすっきりまとまってるので、分かりやすい感じです。
FC2カウンター
プロフィール

ぴよ

管理人:ぴよ
マック用アプリケーションの体験記がメインなブログでした。
思いつくままに書いてますので、カテゴリーでたどっていっていただくと、いいかもです。
このブログの更新は、多忙という名の言い訳に負けて、メンテナンスモード中です。

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。