FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Carbon Copy Cloner 3.0 正式版リリース

Microsoft Entourage 2004 アイコンβ版だったCarbon Copy Cloner 3.0。

βがとれてCarbon Copy Cloner 3.0(Donation-ware)としてリリースされました。

【リンク】Carbon Copy Cloner[Bombich Software]

Universalアプリなので、Intel Macでも安心して使えるようになりました。サイトは英語だけれど、ソフトはちゃんと日本語表示してくれます。こういうソフトは日本語で表示されると心強いです。英語だと設定がちゃんと会ってると不安なので…。


追加された機能をサイトより引用します。

●Support for block-level disk-to-disk clones.
●Synchronization built-in, not bolted on.
●Support for backing up across the network to another Macintosh.
●Advanced scheduling capabilities -- Backup tasks can now be scheduled on an hourly, daily, weekly, or monthly basis, or you can indicate that a backup task should run when the backup device is attached (e.g. an iPod).
●CCC recognizes iPods specifically, allowing time for the iPod:iTunes synchronization to complete.
●The ability to drill down into folders to select exactly what gets copied and what doesn't (you can drill down indefinitely).
●Built-in software update feature notifies you when updates are available.


英語なのでアレなんですが、こんな感じかな?で解釈してます。違ってる可能性大なのでお気をつけください。
●ブロックレベルでのコピーが可能
●ネットワーク越しのバックアップ機能
●高度なスケジュール機能
●iPodがiTunesと同期を完了した後、バックアップを開始できる
●自動アップデート機能搭載

CCC本来の機能からすると、ブロックレベルのコピーサポートってのが一番のメインでしょうか。
ブロックレベルというのは、ハードディスクに書き込まれているデータを一字一句間違いなくコピーするってことです。

今までのバックアップはファイル単位で行われていました。
違いをうまく説明する文章力がないのが悔しいんですが、実は、ブロックレベルでのコピーと、今までのコピー結果を比べてみた場合、「見た目」の結果は全く同じです。
違うのは、見た目以外のところにあります。
ブロックレベルでのコピーはファイルがあろうとなかろうと関係なく、ハードディスク内の全領域をコピーするものです(…たぶん)。
つまり、本当の意味でのクローンが可能になったというわけです(…おそらく)。

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

カテゴリー
アプリの検証したり、違う記事を書いたり、とにかく順番ばらばらなので、こちらのカテゴリーからアクセスするとすっきりまとまってるので、分かりやすい感じです。
FC2カウンター
プロフィール

ぴよ

管理人:ぴよ
マック用アプリケーションの体験記がメインなブログでした。
思いつくままに書いてますので、カテゴリーでたどっていっていただくと、いいかもです。
このブログの更新は、多忙という名の言い訳に負けて、メンテナンスモード中です。

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。