fc2ブログ

WebInspectorを試してみた

その他アプリケーション
09 /12 2007

前回に記事に引き続き、富士通のアクセシビリティチェックソフト「WebInspector」を使ってみました。
【過去記事】ColorSelector 5.0を試してみた

「WebInspector」は富士通アクセシビリティアシスタンスが提供する3つのツール群の1つです。前回試した「ColorSelector」と「ColorDoctor」の3つなんですが、「ColorDoctor」はWindowsのみの提供なので、検証不可…。

「WebInspector」のダウンロードはこちらから。
【リンク】WebInspector[富士通]
ページ中ほどにダウンロードページへのリンクがあります。Win版、Mac版あります。
どういうソフトかというと、「はじめにお読みください」から引用します。

本ソフトウェアは、「JIS X 8341-3 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」、「富士通ウェブ・アクセシビリティ指針 第2.0版」にもとづいて、HTMLやCSSファイルのアクセシビリティをチェックし、「誰にとっても読みやすいホームページ」かを診断します。
とのこと。
誰にでもわかりやすいサイトかどうかチェックするためのソフトです。

ダウンロード後、マウントされたディスクイメージ内にある「Fujitsu WebInspector」フォルダをアプリケーションフォルダに入れればインストール完了です。

起動してみます。

チェック対象として、ローカルにあるファイルも検証できるようです。
チェックに賞する指針として「JIS X 8341-3 高齢者・障害者等配慮設計指針」と「富士通ウェブ・アクセシビリティ指針 第2.0版」が選べます。両者で、チェックできる内容が異なるようです。
「JIS X 8341-3 高齢者・障害者等配慮設計指針」の場合は「必須(非常に重要な項目をチェックします)」と「推奨(必須に加え、推奨と定義されている項目をチェックします)」の2つから選択してチェックします。


「富士通ウェブ・アクセシビリティ指針 第2.0版」では「優先度1(alt属性の有無など、非常に重要な項目をチェックします)」、「優先度2(優先度1に加え、表のの有無などもチェックします)」、「優先度3(少し高度な項目までチェックします)」の3つがあります。
また、項目を選択する「項目指定...」ボタンを押すと、詳細な設定が可能です。


早速チェック。

とりあえず、このブログをチェックしてみます。「JIS X 8341-3 高齢者・障害者等配慮設計指針」でチェックしてみました。

チェック中…。

このサイトだと1分かからない程度で完了しました。

完了メッセージが開きます。

「OK」ボタンを押します。

すると、チェック結果がブラウザで表示されます。

チェックしたのは2つ。「http://piyopiyoedit.blog93.fc2.com/」と「http://blog-imgs-41.fc2.com/p/i/y/piyopiyoedit/urara.css」です。ちゃんとCSSまでチェックしてくれてるみたいです。

結果は別々に表示してくれます。
「http://piyopiyoedit.blog93.fc2.com/」でのチェック結果は以下の通り。

305件の問題点!
多すぎ……。失格ですね。

どこが悪かったのかも、ちゃんと教えてくれます。

例えば、この問題点。
『引用(<blockquote>)を使用しています。見た目のためだけに使用していないことを確認してください。』との問題を指摘してくれてます。
左に表示されている「280」という番号をクリックすると、同じページ中に表示されているソースコードまで飛んでいってくれます。
また、右に表示されている「5.2a」をクリックすると、詳細な解説ページに飛んでいきます。今回の場合は、このページに飛ばされました。

そして、ちょっと驚いたのは「確認」というボタンを押したとき。ページを開いて、赤い枠で囲んで、ここがエラーだよと教えてくれます。

こんな感じで。

「http://blog-imgs-41.fc2.com/p/i/y/piyopiyoedit/urara.css」のチェックは以下の通り。

問題点は36件。
とにかく惨敗でした…。


こういうときのお約束もやってみました。

富士通のページはどうなのよ!?チェック。負け犬の遠吠え的チェックなのは分かってるんですが…。
チェックしたときのページは上のような感じでした。

早速チェック。

ばっちりです。ばっちり過ぎました。

とまぁ、こういうのをやって、アクセシビリティとかいう意識を高めていくのは大事です。
ただ、使っても修正できるだけの能力を備えていないと単なるお遊びツールになるだけで…。それってまさに自分のことなんですけど…。

コメント

非公開コメント

ぴよ

マック用アプリケーションの体験記がメインなブログでした。
思いつくままに書いてますので、カテゴリーでたどっていっていただくと、いいかもです。
このブログの更新は、多忙という名の言い訳に負けて、メンテナンスモード中です。