fc2ブログ

Illustratorで保存に時間がかかる

Adobe CS3
08 /21 2007
先日、Illustratorで作ったファイル容量が異常に大きい、というお悩み相談を受けました。

詳しく話を聞くと保存に時間がかかる、開くのにも時間がかかる。サイズは展示用のパネルでA1サイズ。画像もたくさん配置してる…とのこと。

実際にファイルの情報をみてみると、ファイルサイズ300MB超!
中のデータを確認すると、画像ファイルは埋め込まれておらず、ちゃんとリンク配置されてます。試しにそのまま保存を実行させると、ホントに時間がかかるかかる…。

ということで、「別名で保存」を実行。出てきたダイアログのチェック項目を片っ端から外して保存します。すると、瞬時に保存完了。
解決策としては保存ダイアログに出てくる「PDF互換ファイルを作成」のチェックを外すこと。これがデフォルトでチェック入ってるのが困るとこなんです。Illustratorファイルとしての拡張子「ai」を持ちながらも、PDFファイルとしても開けるようにデータが二重構造になっちゃうんです。だから、保存に時間がかかるようになるし、ファイル容量も増える、というわけです。
経験的に「圧縮を使用」のチェックも外した方が早く保存は完了すると覚えてます。「圧縮を使用」ってなんだ?と思い改めて調べてみると、
[224373][基本操作] 保存するには[アドビサポートデータベース]

圧縮を使用
PDF データを圧縮して Illustrator ファイルに保存します。通常はチェックを付けます。圧縮せずに保存するとファイルサイズが非常に大きくなる可能性があります。
※圧縮を使用すると書類の保存に時間がかかることがあります。


とのこと。そうだったんだ~。
ということで、保存自体はチェックを外した方が早くなりそうです。


瞬時に終わる保存の様子を見て、感謝らしき言葉をいただきました。
「後光が差して見えます!」「紫色のオーラが見えます!」。
え? むらさき?

コメント

非公開コメント

感激です

300MB位のファイル保存に3分かかってました。
一瞬で保存されて感激です。
保存のバーすらでませんでした。
情報ありがとうございました。

ぴよ

マック用アプリケーションの体験記がメインなブログでした。
思いつくままに書いてますので、カテゴリーでたどっていっていただくと、いいかもです。
このブログの更新は、多忙という名の言い訳に負けて、メンテナンスモード中です。