fc2ブログ

白黒...@Photoshop CS3

Adobe CS3
07 /30 2007
Photoshop CS3 フォルダアイコンPhotoshop CS3から「白黒」という機能が追加されました。
名前の通り、画像を白黒にするものです。

白黒というと、単に「グレースケールに変換」でいいやって思ってしまうんですが、コレが実はなかなか難しいときもあるんです。カラーでは全く違う色なのに、グレースケールにしたら全く同じ階調になってしまう…ということもあるんです。
そうならないために、直感的に操作できて、いい感じのグレースケール画像に変換するための機能が「白黒」です。

「イメージ」→「色調補正」→「白黒...」を実行します。

こんなウィンドウが開きます。調整レイヤーでも使えます。
「レッド系」「イエロー系」「グリーン系」「シアン系」「ブルー系」「マゼンタ系」などの項目が並んでいます。カラー画像の中で、それぞれの色合いをどれだけ強く、もしくはどれだけ弱くするかを調整することによって、いい感じの白黒画像を作ることができます。

プリセットも用意されています。

「ND フィルタ」「イエローフィルタ」「グリーンフィルタ」「ハイコントラストブルーフィルタ」「ハイコントラストレッドフィルタ」「ブラック(最大)」「ブルーフィルタ」「ホワイト(最大)」「レッドフィルタ」「赤外線」などが並んでいます。カメラの知識がないと分からないような設定ばっかり…。にしても50音順に並べなくてもいいのに…。

「自動補正」ボタンもあります。
上のプリセットや自動補正をやってみて、気に入らないところを修正していくっていう方法もアリかな。

ちょっとだけサンプル。

プレビューのチェックを外せばいつでも元画像を見ることができます。

頑張っていい感じに調節します。

頑張ってみました…(ウソ。

着色というチェックボックスがあります。ここにチェックを入れると作った画像に色を加えることができます。

スライダーを動かせばいろんな色に変更できます。セピア画像にしたいって用途しか思い浮かばないけど…。

新機能の白黒。メリットは直感的な操作ができること。元のカラーをどれだけ出すかという操作なので、感覚的に分かりやすいです。調整レイヤーでも使えるのもメリット。
ただ、最大の欠点がRGB画像のみにしか使えないこと。CMYKモードの画像では使えないんです。CMYK画像を同じ感じで変更したい場合はチャンネルミキサーを使えばOKです。


最後に、グレースケールでちょっと参考になりそうでならない過去記事をひとつ…。
【過去記事】デジカメ画像のグレースケール化

コメント

非公開コメント

ぴよ

マック用アプリケーションの体験記がメインなブログでした。
思いつくままに書いてますので、カテゴリーでたどっていっていただくと、いいかもです。
このブログの更新は、多忙という名の言い訳に負けて、メンテナンスモード中です。