fc2ブログ

xfy Blog Editorで記事を書いてみる

その他アプリケーション
07 /27 2007

xfy Blog Editorで記事を書くとどんな感じかアバウトにレポートしてみます。

新規で記事を書こうとするとこんな画面が現れます。

タイトルエリア、記事エリア、追記記事エリアがあります。それぞれクリックすれば入力可能状態になり、記事を書いていくという流れになります。

ちょっと入力してみます。

タイトルと、記事を入力してみました。こんな感じで記事を書いていきます。

一番のメリットは画像の追加。ローカルにあるファイルをドラッグ&ドロップするだけで完了します。配置した画像は記事をサーバーに反映するときに、同時にアップロードされます。

画像はxfy Blog Editor上で大きさの変更も可能です。上の画像はドラッグ操作で大きさを変更しているところです。画像の中に黒い点線が出ているのはドラッグ操作中な証です。

リンクの挿入もできます。ハイパーリンクというボタンが用意されていて、それを押すとウインドウが開きます。

入力して「OK」ボタンを押すだけ。

ちゃんとリンクが追加されました。

他にも水平線や、表を追加するためのボタンが用意されています。

ポイント数の変更や、太文字、斜体、アンダーライン、色、揃えなんかも変更できます。

見慣れた感じのボタンが並んでるので、どれを押せば何が起きるかはだいたいわかるようになってます。
WYSIWYGなので、設定を行えばすぐに反映されます。

が、WTSIWYGばかりではなく、ソース表示もできます。

タグの知識がある方はより細かい設定も可能になってます。

サーバーへ反映する前に、細かい設定も可能です。

カテゴリーの選択、公開するかどうか、エントリーの投稿日、コメントやトラックバックを受け入れるか、トラックバックの送信先を決めることができます。

記事の書きかけの場合は「保存」ボタンを押せば、アップロードされずにローカルのみに保存されます。
記事を書き終わってアップロードしたい場合は、「保存/サーバーへ反映」ボタンを押すだけで完了です。

こんな感じです。JAVAで動作しているので、ちょっともっさり感があるかなぁ。
記事全体の見通しがよくなるので、書くことにより集中できるのが何よりのメリットですね。あとは画像をアップロードして、これを使うと指定してやって…という手間がないので、かなり効率的にもなります。「今のところ」無料で使えるので、試してみる価値は十分にあるソフトです。

このページは xfy Blog Editor?を利用して作成されました。(←この文章、もちろん消せます。)

コメント

非公開コメント

おお、これはLogMasterのライバル?!
…と思ったら、ちょっと趣向が違うみたいですね。

xfy Blog Editorは、ブログサービスの使いにくいインターフェイスを置き換えるものみたいですね。
WYSIWYG編集や直接サーバーとやり取りできるのは、かなり便利そうです。
さすが一太郎のジャストシステムですね〜。

ただ、ブログの記事を全部管理するには、ちょっと力不足みたいですね。
一度に取得できる記事数は100件までだし、記事数が1,000件を超すうちのバックアップを読み込ませたら、重くて使い物になりませんでした。(^^;)
それと、バックアップファイルには記事のIDが含まれないので、記事の重複を管理しきれずに、かえって混乱してしまいました。

記事を編集機能は素晴らしいので、記事の管理の方も頑張ってもらいたいですね。

MT Log Readerとは全く方向性が違うソフトです。見ることは全く考えられていないような感じですねぇ。そもそも過去の記事が読みにくいです…。
記事が多いと重くなるんですね。うちはまだ150くらいなので、そんなに重くはないです。
やっぱり、記事を書くツールと思った方がいいみたいですね。

ぴよ

マック用アプリケーションの体験記がメインなブログでした。
思いつくままに書いてますので、カテゴリーでたどっていっていただくと、いいかもです。
このブログの更新は、多忙という名の言い訳に負けて、メンテナンスモード中です。