fc2ブログ

ATOK 操作ガイド

ATOK
07 /27 2007
ATOK 2007 操作ガイドATOK 2007をインストールすると「操作ガイド」も一緒にインストールされます。これと同じものはATOK 2006にもありました。ATOK 2005はどうだったかは記憶にないんですが…。
ATOKの基本的な変換操作から、ちょっと高度な使い方まで、日常的に使うには困らない程度の知識を身につけることができます。実際に操作しながらの練習なので、繰り返しやれば必ず身につきます。
初めての方はもちろんのこと、長年使ってるユーザでも一度やってみると意外な発見があるかも。

アプリケーションの場所は『アプリケーション/JustSystems/ATOK 2007/操作ガイド』(ATOK 2007の場合)にあります。FLASHで作られてます。
起動すると入力方法(ローマ字入力かカナ入力か)と、キー操作(ATOK標準かことえりか)の選択画面が出ます。それぞれ選択して、あとは入力モードを英字に切り替えれば大丈夫。

項目は3項目に大きく分かれています。
ATOK 2007 操作ガイド
「基本操作をマスター」、「変換テクニック」、「効率アップ」の3つです。

例えば「基本操作をマスター」で練習できる内容はこんな感じ。
ATOK 2007 操作ガイド
変換の基本を練習することができます。文節の区切りの変更なんかは、マスターしておけば長文入力が楽になりますので必須項目かも。

「変換テクニック」で練習できる内容はこんな感じ。
ATOK 2007 操作ガイド
「コントロールキー」+「3とか4とか…」の組み合わせで、より効率的に変換するための方法を練習できます。ここをやれば、こんなんもすぐに出せますよ→(・-・)

「効率アップ」で練習できる内容はこんな感じ。
ATOK 2007 操作ガイド
より高度に使いこなすための練習ができます。


練習は、実際に操作しながらやります。
ATOK 2007 操作ガイド
上に解説、下にキーボードが出てます。押さなければならないキーに関してはオレンジ色に点滅してくれるので操作に困ることはないです。

練習が完了した内容は赤いチェックマークがつきます。
ATOK 2007 操作ガイド

で、全部完了すると「修了証書」なるものを発行してくれます。
ATOK 2007 操作ガイド
\(^_^)/(『やった』で顔文字変換……れ…、れ、練習の成果です…)

コメント

非公開コメント

ぴよ

マック用アプリケーションの体験記がメインなブログでした。
思いつくままに書いてますので、カテゴリーでたどっていっていただくと、いいかもです。
このブログの更新は、多忙という名の言い訳に負けて、メンテナンスモード中です。