スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Device Centralってなに?

Illustrator CS3 フォルダアイコンずっとずっと気になっていながらも、見て見ぬふりして放置していた機能がありました。
その名も、「Device Central」。
ファイルメニューに「Device Central...」という項目が鎮座してるんですが、一度、選択してみたら、なんか違うアプリケーションが立ち上がってしまうし、そのアプリケーション初めて見るし、なんだか使い方分からないし…で、ずっと放置してました。

体験版をインストールして、ゆっくり使えるようになったのでちょっと試してみたんですが、コレ結構すごいかもです。携帯のコンテンツを作る方にとっては、ものすごく便利なツールなんじゃないかと思いました。

まずは、Illustrator CS3を起動します。
Illustrator CS3 Device Central
「ファイル」→「Device Central...」を選択するとAdobe Device Central CS3が起動します。単体アプリケーションとして存在しているので、Illustrator CS3から呼び出さなくても普通に使えます。

すると、こんなウインドウが開きます。
Illustrator CS3 Device Central
ウインドウは大きく分けて3つの要素からなってます。左上は「デバイスセット」、左下は「使用可能なデバイス」、右側がプロファイル情報やエミュレータが動作する場所です。
「デバイスセット」というのが、いまいちピンとこないんだけど、Flashの規格のプリセットが用意されてる場所のようです。

ピンときたのは「使用可能なデバイス」。
Illustrator CS3 Device Central
携帯メーカーがずらりと並び、その中には携帯の型番が並んでいます。

最近の機種が少なくて、DoCoMoでいうと、902ぐらいのものまでしかなかったです。とりあえず、自分の使ってるNECのN901icを選択してみました。
Illustrator CS3 Device Central
右側にその情報が表示されます。情報量はかなり多いです。「一般」「Flash」「ビットマップ」「ビデオ」「Web」という大項目に分かれていて、さらに詳細な分類があります。

例えば、「一般」を選択したところ。
Illustrator CS3 Device Central


「Flash」を選択したところ。
Illustrator CS3 Device Central
これ、情報の一部です。
ここは、さらに「ブラウザ」「スタンドアローンプレーヤー」「壁紙」「呼び出し画面」「着信コール」「受信メール」「送信メール」に分かれています。


「ビットマップ」を選択したところ。
Illustrator CS3 Device Central
ここも、「フルスクリーン」「壁紙」「呼び出し画面」「着信コール」「受信メール」「送信メール」の項目があります。

「ビデオ」を選択したところ。
Illustrator CS3 Device Central


「Web」を選択したところ。
Illustrator CS3 Device Central
何にしてもすごい情報量です。

「使用可能なデバイス」で複数選択すると比較することができます。
Illustrator CS3 Device Central
比較したいものを個別に選択してもいいし、フォルダを選択しても大丈夫です。上のキャプチャでは「NEC」フォルダを選択したところです。NECの携帯がずらっと並びます。

ウインドウ右側部分の、上の方には「デバイスプロファイル」というタブと「新規ドキュメント」というタブがあります。「デバイスプロファイル」は「使用可能なデバイス」から機種を選択したときに表示される情報を見るためのタブです。「新規ドキュメント」は、選択したデバイスの仕様に従って、新しくファイルを作成するためのタブです。といっても、Device Centralでファイルを作成できるわけじゃありません。作成はIllustratorやFlashで行います。「新規ドキュメント」では、どの用途のファイルを作るのかとか、どのアプリケーションを使用して作るのか、を決めるためのものです。

さっき選択したN901icのまま、「新規ドキュメント」タブをクリックするとこんな画面になります。
Illustrator CS3 Device Central
右側にIllustrator CS3のアイコンがあります。Illustrator CS3からDevice Centralを起動させたので、コンテンツ作成のためのアプリケーションとして指定されている状態です。
Device Central単体で起動させたときは、スタートアップスクリーンの「新規デバイスドキュメントを作成」で選択したアプリケーションが表示されます。

どんなコンテンツを作成するかも選択できます。
Illustrator CS3 Device Central
「コンテンツタイプ」にプリセットとして項目が用意されています。

で、ウインドウ右下の「作成」ボタンを押すと、アプリケーションが切り替わります。
Illustrator CS3 Device Central
新規書類が開き、Device Centralで指定したサイズに基づいて枠とトリムエリアが作成されます。

必要な人にとってはすごい便利そうです。

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Illustrator CS2 for Windows & Macintosh

 Illustratorの必携アイテム・Device Centralってなに?・[CNET Japan] WPFが引き起こすデスクトップアプリの革新--Silverlight ...・[Photoshop][Illustrator][今日学んだこと]両アプリケーションの連携・ホントにサクサクになるMac OS Xの英語化・ゆーすの描画環境晒

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon

カテゴリー
アプリの検証したり、違う記事を書いたり、とにかく順番ばらばらなので、こちらのカテゴリーからアクセスするとすっきりまとまってるので、分かりやすい感じです。
FC2カウンター
プロフィール

ぴよ

管理人:ぴよ
マック用アプリケーションの体験記がメインなブログでした。
思いつくままに書いてますので、カテゴリーでたどっていっていただくと、いいかもです。
このブログの更新は、多忙という名の言い訳に負けて、メンテナンスモード中です。

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。