fc2ブログ

クリッピングマスク@Illustrator CS2

Adobe CS3
07 /18 2007
Illustrator CS3 フォルダアイコン小さな改良がうれしいIllustrator CS3ですが、マスク処理に関してもすごく便利になってたのを発見しました。

これまでのマスク処理は、写真を配置。
マスク用のオブジェクトを作成。
マスク用のオブジェクトが前面にきているのを確認し、マスクする側とされる側の両方を選択して、マスク作成。
というような流れでした。
それが、Illustrator CS3からはいとも簡単にマスク作成できるようになってます。

まずは、写真を配置します。
Illustrator CS3 マスク処理
サンプル画像をリンクで配置してみました。

配置した画像を選択した状態で、オプションバーをみてみます。
Illustrator CS3 マスク処理
「マスク」というボタンがあります。
これを押すと、配置した写真と同じ大きさのオブジェクトを作成し、マスクまでしてくれるというちょ~便利ボタンです。

「マスク」ボタンを押します。
Illustrator CS3 マスク処理
一見何も変わったようには見えませんが、ちゃんとマスクかかってます。

ダイレクト選択ツールに持ち替えて、マスク用オブジェクトを動かしてみます。
Illustrator CS3 マスク処理
上の画像で動かしているのが、マスク用のオブジェクトです。

写真の見え方が変わりました。
Illustrator CS3 マスク処理
ちゃんとマスクされてたのが分かります。

オブジェクトの状態をみるために、選択してみました。
Illustrator CS3 マスク処理
こんな感じで、すごく簡単にクリッピングマスクができるようになりました。

コメント

非公開コメント

ぴよ

マック用アプリケーションの体験記がメインなブログでした。
思いつくままに書いてますので、カテゴリーでたどっていっていただくと、いいかもです。
このブログの更新は、多忙という名の言い訳に負けて、メンテナンスモード中です。